バイク ガラスコーティング

バイク ガラスコーティングとは

リボルト名古屋ではバイクコーティングも行っております。カーコーティングで培ったハイクオリティな下地処理とコーティング技術は既存のバイクショップではとうてい真似できない、コーティング専門ショップだからこそ出来る高度な技術です。

バイクコーティングでは、下地処理後に硬化型の完全ガラス被膜+ガラス繊維素による2層コーティングで施工しております。→リボルトプロでの施工です。
バイクガラスコーティングをすることで、艶と輝きが増し加えられます。汚れも通常の洗車で簡単に落とすことが出来ます。

リボルト名古屋では、磨き・コーティング技術だけでなく、施工するに十分な設備を備えております。磨く際には次世代の高輝度LED照明を導入しておりますし、外気と完全に遮断された密閉空間も確保しています。高輝度LED照明はバイクに付いている小傷・シミやオーロラマークを見逃しません。密閉空間は外気からの砂ホコリ、ゴミをシャットアウトします。
これらの条件が備わってこそ、お客様のバイクに最高のコーティングが出来るのです。

1436081414.jpg

バイク・ガラスコーティング施工内容・料金

【ガラスコーティング施工部分】

タンク、フロントフェンダー、カウル、エンジン、マフラー、フロントフォーク、スイングアーム、ハンドル周辺、フレーム、ホイール、ナンバープレート、ウインカー、ヘッドライト、ブレーキランプ、サイドミラー裏側など・・・

つまり、コーティングできるところは、全部施工いたします。低分子・完全硬化型のガラスコーティング(リボルトプロ)はゴム類、シート、タイヤ以外のところであれば、どこでも施工可能です。


【下地処理・磨き施工部分】

下地処理(磨き)部分につきましては基本的には、上記コーティング施工部分と同一です。ただし、艶消し塗装をしている部分は、磨くことは出来ません。また、細かく小さな凹凸のある樹脂パーツ部分につきましても同様に磨くことは出来ません。ただし、磨くことは出来ませんが、ガラスコーティング施行は可能です。
艶消し塗装や樹脂部分へガラスコーティングすると、しっとりとした艶のある黒に大変身して、長期間にわたり、そのクオリティが維持できます。

シートなど簡単に外せるものは外して施工しますが、基本的には各部品の脱着はせずに施工いたします。

bike02.jpg

★下記施工料金は参考価格となります。ハーレーダビッドソン(大型10,000円、中型7,000円、小型6,000円)と外国製輸入車(7,000円)につきましては、下記料金にそれぞれ上乗せとなります。サイドケース&トップケースは1個に付き3,000円追加です。※メーカー・車種・年式・形状・ボディサイズ・汚れ具合等により施工価格は変わりますので、詳細はお問い合わせ下さい。

【フルコース施工料金・下地処理、コーティング出来る部分は全て行います】

排気量(※1)
新車(※2)   /新車以外(※3)
1000cc以上:
53,000円(税込)/58,000円~(税込)
750cc以上1000cc未満:
50,000円(税込)/ 55,000円~(税込)
400cc以上750cc未満:
48,000円(税込)/53,000円~(税抜)
125cc以上400cc未満:
42,000円(税込)/45,000円~(税込)
51cc以上125cc未満:
35,000円(税込)/37,000円~(税込)
51cc未満:
33,000円(税込)/34,000円~(税込)
※1
実際の詳細排気量ではなく、一般的に知られている排気量での区別となります。例)実際は396ccでも、一般的には400ccとして扱われています。
※2
新車定義:新車登録4か月以内であること。酷い汚れ・オイル汚れなどが無いこと。
※3
塗装やホイール、アルミパーツなどの汚れやサビ、オイルによる油汚れが酷い場合には、下地処理に必要以上手間取りますので、別途見積もりを取らせて下さい。