車 ガラスコーティング

高度な下地処理技術【Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)】

私たちコーティングショップの主な作業は以下の2工程です。

(1)ボディの塗装表面の下地処理(汚れ落とし、磨き等)
(2)コーティング塗布処理

もちろん、上記以外にも細かな作業はあるのですが大きく分けると上記の2工程です。

作業にかかる時間としては、下地処理が約7割で、コーティング塗布処理が約3割です。
つまり、コーティングというのは、下地処理に多くの部分を依存するのです。

この下地処理というのは、お車のボディ表面上の塗装を磨く事(ポリッシュ)です。この磨く技術というのがショップ施工者により様々です。磨くマシン、バフ、コンパウンドの組み合わせの中から、そのお車の車種、年式、色に応じたベストな選択をする必要があるからです。

1255938088.jpg

リボルトグループでは、長年の蓄積された技術と、グループ内の様々な情報を統合収集し、「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」という独自の下地処理・施工方法技術を確立しました。個人店では対応しきれない様々な地域独自の気候情報、メーカー情報、塗装メーカー情報などをグループメリットを活かし、リアルタイムに対応していく事が出来るのが特徴です。

適当に磨けば綺麗になるという程、生易しいものではありません。長年の経験と知識、技術ネットワークによって支えられたものなのです。

塗装の膜厚というのは、限りがありますので、磨く際には最小限の磨きに留めることが必須です。この最小限の膜厚の磨きで、最大限のクオリティを提供出来るというのがリボルトの高度な下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」となります。一般の個人コーティングショップでは簡単には真似が出来ません。

リボルトグループでの最上級コーティングである【リボルト・プロ】では「Revolt adjust system」の特徴である、最小限の磨きで最大限の美しさを引き出す技術を使った上で、十分な膜厚を確保出来るガラス被膜をコーティングしますので、お車の塗装膜厚は、マイナスではなくプラスへと持っていかれます。

いたずらに磨きまくっている従来の下地処理技術とは次元が違う技術なのです。
その高度な下地処理技術に【リボルト・プロ】の圧倒的な膜厚が加わりますので、その効果の程は、お客様の期待を大きく上回るものとなります。

また、磨く作業には設備や環境も大きく関わってきます。外気とシャットアウトされた室内空間、バフ傷やオーロラマークをうつし出す高輝度照明は必須設備です。

【半分だけ下地処理をしてみました】
1255938035.jpg

下地処理-2

蛍光灯しかないような作業所や吹きっさらしの整備工場の一角などは論外です。
そのような設備環境下では、それなりのクオリティにしか仕上げることは出来ません。

【名古屋店/高輝度・大型LED照明】
1452502326.jpg

1452502338.jpg

リボルト名古屋では、外気と完全密閉された室内と高輝度LED照明を完備しております。安心して、施工をお任せ下さい。