- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト名古屋

窓ガラス撥水加工も下地処理が重要です

ボディーと同様に窓ガラス撥水加工も下地処理が重要です。専用の機器と研磨剤を使用し、シミや油膜を除去してからのコーティングになります。


1488301434.jpg


こちらの画像は大量の雨染み・水染み・油膜が付着しているフロントガラスとリアガラスです。わかりやすくするため、固く絞ったクロスで拭いた直後に撮影してみました。


290301-2-1.jpg


290301-2-2.jpg


染みにピントを合わせアップで撮ってみました。染みが重なり合っているところもあり、とてもひどい状態です。


290301-2-3.jpg


専用機材・パッド・窓ガラス専用研磨剤を使用します。こちらの画像が下地処理後の画像です。ガラス面にピントを合わせるためマスキングテープを張り付けてあります。(ワイパーなどによる傷を取り除く処理は致しておりません)


290301-2-4.jpg


290301-2-5.jpg


290301-2-6.jpg


ガラスコーティング同様、専用高輝度照明の下で窓ガラス撥水加工も下地処理をしっかりすることで撥水性・耐久性等を向上させることができます。せっかくすばらしい製品を使っていても、下地処理が雑だと製品の性能をフルに発揮させることができません。


290301-2-7.jpg


290301-2-8.jpg


撥水加工後は、高い撥水性能により、雨天時の視界も良くなりますので、安全面の観点からもお勧めのオプションコースとなっております。

窓ガラス撥水加工のご紹介